神戸の社会保険労務士 糟谷社会保険労務士事務所のブログ

事務所について  |  お問合わせ

人件費見直しセミナーを開催します
2009年08月29日 13:53

8月もいよいよ終わりですね。

まだまだ暑いですが、糟谷社会保険労務士事務所では
秋を先取りして、学問の秋にピッタリの経営者向け
セミナーをドンドンと企画中です。

私自身が講師としてお話をさせていただくものも
あれば、他の先生をお招きして講演をいただく
ものもあります。

たとえば、

主催 明石商工会議所
日時 9月17日(木)14時から
場所 明石商工会議所 集会室
テーマ「今だからできる人件費見直し策」
講師 糟谷社会保険労務士事務所 糟谷芳孝

※明石商工会議所様主催ですが、商工会議所の会員
でなくても受講可能です。(料金は無料!)
 
主催 糟谷社会保険労務士事務所
日時 9月29日(火)14時から
場所 神戸国際会館 会議室
テーマ 「あなたの会社も必ず儲かる!儲かる会社5つの法則」
講師 桂経営ソリューションズ株式会社 桂 幹人

この他にも、現在すでに開催が決定しているセミナーを
糟谷社会保険労務士事務所ホームページでご紹介しています。
お申し込みもホームページからもできます。

必ずお役に立つセミナーばかりなので、ぜひ、参加をご検討
ください。

投稿者 糟谷 : 2009年08月29日トラックバック (0)

給料は多いほうがいい?
2009年08月22日 12:35

給料はたくさん出せば出すほど良いものなのでしょうか?

給料を出す側からいえば、給料をたくさん出したら、従業員さん
が、より一層頑張って成果を上げ、一生懸命働いてくれるので
あれば、ぜひそうすべきですよね。


では、働いている側の感覚はどうでしょうか?

従業員さんは、お給料をたくさんもらっているので、もっと
一生懸命に働かないといけないな、成果を上げないといけないな
と思うものなのでしょうか?

どうも、私はそういう人はあまりいないように思います。


どんなに高給の人でも、なかなか自分の給料が、十分だ、すごく
多いと思っている人はいません。

昇給したときは、嬉しく思っても、すぐにその給料にも慣れて
きます。


給料が少ないことは、もちろん不平不満のもとになります。

しかし、給料を出せば出すほど良く働くのかといえば、人間は
そんな単純なものではない、というのが現実です。

経営者は、この事実を理解した上で給料の額や給料の払い方を
しっかりと考え、工夫していく必要があります。

投稿者 糟谷 : 2009年08月22日トラックバック (0)

「中小企業子育て支援助成金」を頂きました!
2009年08月13日 17:26

糟谷社会保険労務士事務所で「中小企業子育て支援助成金」
を頂きました。

助成金額は100万円です。

この助成金は、中小企業で初めて育児休業を取得する人が出た
場合に一定の条件を満たせばもらえる助成金です。

糟谷社会保険労務士事務所でも先日、初めての育児休業者が
無事に職場復帰を果たしてくれたため申請をしました。

普段はお客様のために助成金申請をすることはあっても
自分の事務所で申請することはめったにありません。

こうして実際に100万円が振り込まれると助成金の
有難味もわかりますね。

御社でも育児休業のはじめての取得者が出そうであれば、
「中小企業子育て支援助成金」の対象になるかもしれません。

「中小企業子育て支援助成金」をもらうためには、必ず事前の
申請が必要です。

該当する場合は、ぜひ、事前に糟谷社会保険労務士事務所
ご相談ください。


投稿者 糟谷 : 2009年08月13日トラックバック (0)

労働基準法の休憩
2009年08月08日 15:02

労働基準法では、従業員に与える休憩の長さが
決められています。

労働基準法によれば、

6時間を超えて働かせる場合には、少なくとも45分
8時間を超えて働かせる場合には、少なくとも1時間

の休憩を労働時間の途中に与えないといけないことに
なっています。

私が、社会保険労務士として仕事をしていて、
ときどき耳にするのが、従業員が休憩はいらないから
その分も働いて稼ぎたいというので、本人了解のうえで
休憩なしで働かせているケースです。

本人がいくら了解していても、この場合もやはり労働時間に
応じて、法律どおりの休憩を与えていなければ違法であり
会社が罰を受けることになります。

休憩は、仕事を能率良く行うための潤滑油のようなものです。

法律では休憩をとらせる時間帯や1回の休憩の長さについて
まで、決まっているわけではありません。

仕事内容や特性を考慮して、上手に休憩時間を設定すれば
仕事の能率をグッと高めることができると思います。

休憩時間の設定の仕方を、ぜひ御社でも工夫してみて下さい。


投稿者 糟谷 : 2009年08月08日トラックバック (0)