神戸の社会保険労務士 糟谷社会保険労務士事務所のブログ

事務所について  |  お問合わせ

労働安全衛生研修会で講演をさせていただきました。
2009年03月29日 15:13

3月25日水曜日、「第三回労働安全衛生研修会」が兵庫中央

労働センターの大ホールで開催されました。


この研修会は、兵庫県経営者協会、連合兵庫、兵庫勤労福祉

センターさんの主催で、兵庫県と兵庫労働局さんが後援して

いるもので、企業の安全衛生の担当者を中心に今年も100名

を超える参加者が集まりました。


私は、今回の研修の講師として「職場における心の健康づくり」

というテーマで、おもに会社におけるうつ病対策について

労務管理の観点からお話をさせていただきました。


参加者は、皆さんとても熱心で真剣に聴講をしていただき

とても良い雰囲気の中で講演できました。


講演にあたっては、関係者の皆様に大変にお世話になりました。

この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。


講演の様子①

講演の様子②

講演の様子③

講演の様子④

投稿者 糟谷 : 2009年03月29日トラックバック (0)

育児休業するだけで100万円
2009年03月20日 18:41

あまり一般には知られていませんが、「中小企業子育て支援助成金」

という助成金制度があります。

これは、労働者が100人以下の会社で、育児休業をとる従業員が

はじめて出た場合に、会社がもらえる助成金です。


育児休業というのは、出産のあと、産後の休暇(8週間)が終わって

から子が1歳になるまで会社をお休みする制度のことです。

育児休業の間は、会社に給料の支払い義務はありません。

その間の社会保険の保険料も会社、社員とも免除されます。


「中小企業子育て支援助成金」では、なんと会社に100万円

が支給されます。

助成金は、融資ではないので返済の必要もありません。

そのまま会社がいただけます。


出産を理由に退職していく優秀な女性従業員が、まだまだ多い

と思います。

会社としても、こういった助成金を上手く活用しながら、優秀な

人材を簡単に手放さないで、就労を支援できれば良いですね。


助成金をもらうためには、事前に計画書を提出するなど細かな

ルールがあります。

関心のお持ちの経営者の方がいらっしゃいましたら糟谷社会

保険労務士事務所までお気軽にお尋ねください。

よろしくお願いします。

投稿者 糟谷 : 2009年03月20日トラックバック (0)

障害者の雇用はハローワークへ
2009年03月14日 17:50

社会保険労務士の仕事をしていると色々な相談を受ける

ことがあります。

その中でも時々あるのが、障害をお持ちの方を雇用したい

という社長さんからのご相談です。


障害者の雇用を考える場合に大切なのは、障害者といっても

実際には、それぞれの障害の程度や状態は多種多様だと

いうことです。

実際の障害の状態によっては、取り組める仕事の範囲や内容も

限定されるなど、それぞれ異なったものになります。


ですから、まずは御社の仕事内容がどんなもので、どういった

ハンディであれば問題なく取り組むことができるものなのかを

はっきりとさせることが重要です。

また、障害者を雇用すると特定求職者雇用開発助成金などの

助成金制度も活用できるケースがありますので、それらも事前に

しっかり検討をしておくと良いでしょう。


事前の準備が完了したら、さっそく最寄のハローワークへ出かけ

ましょう。

ハローワークには、障害者の就職サポートのための特別の窓口

がありますので、まずはそこを訪ねてみてください。

いろいろと相談にものってくださるはずです。


障害者といっても雇用は雇用、採用は採用です。

しっかりと面接、確認はするようにしてくださいね。


投稿者 糟谷 : 2009年03月14日トラックバック (0)

試用期間中でも解雇は解雇
2009年03月06日 20:19

新たに人を採用しようとしたときに、面接だけではなかなか

わからないことが多いですよね。

そこで、実際にはその人が会社に合った人物かどうかを

見極めるために、多くの会社が試用期間というお試しの

期間を作っています。


試用期間の長さは、会社によってバラバラで1か月の

ところもあれば、3か月や6か月のところもあります。

会社側としては、この期間はあくまでお試しで、良い人材

でなければ、本採用しないでおこうと考えるのが当然です。


しかし、実は試用期間中であっても入社から14日が過ぎれば

解雇する場合には、1か月前に解雇の予告をするか、解雇予告

手当の支払いが必要になります。

つまり、通常の解雇と同じ手続きが求められるのです。


試用期間中でも解雇は解雇。

経営者としては、十分に気をつけて対応していく必要が

あります。


投稿者 糟谷 : 2009年03月06日トラックバック (0)