神戸の社会保険労務士 糟谷社会保険労務士事務所のブログ

事務所について  |  お問合わせ

緊急!雇用対策助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)
2009年01月05日 16:40

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


昨年末ぐらいから、景気が悪くなってきています。

自動車をはじめとする製造業では、特に受注が激減しています。

派遣労働者の整理などは既にはじまっていますが、次の問題は

正社員の雇用維持ではないでしょうか。


一部では既に正社員についても、自宅待機させるなどの対策を

行っている企業もあるようですが、会社が社員を自宅待機、

休業させると給料の6割以上の休業補償を会社が支払うよう

法律で決められています。

会社にとって、この休業補償にかかる費用負担は相当に重い

ものです。


そこで、厚生労働省では正社員を自宅待機など一時休業させる

会社に対して支払う助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)を

緊急に整備しました。

この助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)を使えば、休業期間中

に助成金を受けることができ、会社は少ない負担で、社員を一時休業

させ、生産調整などを行うことができます。


「中小企業緊急雇用安定助成金」は、従来の「雇用調整助成金」と

比べて、要件が大幅に緩和され、助成額もアップしていますので、

これまで適用ができなかった企業でも助成金を受けられるかもしれ

ません。


「中小企業緊急雇用安定助成金」を使える会社は次のような会社です。

①最近3ヵ月間の生産量や受注高が、直前の3ヵ月又は前年同期と

比較して5%以上ダウンしている

②生産調整のため、解雇ではなく一時休業(仕事がないので社員を

休ませること)考えている


「中小企業雇用安定助成金」を受けるためには、実際に休業する前に

お役所への申請が必要です。


該当する企業さまは、ぜひ検討されてはいかがでしょうか?

投稿者 糟谷 : 2009年01月05日トラックバック (1)

この記事のトラックバックURL

15日休業した例も 中小企業雇用安定助成金の申し込み相次ぐ

中日新聞より 景気悪化による休業などの場合、社員への休業手当などを助成する同制度。各地の職安では問い合わせが殺到している。雇用維持を図ろうとする一方で、...

15日休業した例も 中小企業雇用安定助成金の申し込み相次ぐ

色ぶる日記 Diario de ILOBUR | 2009年01月22日 21:43

コメント投稿

お名前
MAIL (メールアドレスは表示されません)
URL
情報を保存
コメント