神戸の社会保険労務士 糟谷社会保険労務士事務所のブログ

事務所について  |  お問合わせ

賞与より、給与より残業代
2008年10月27日 17:41

24日発行の神戸新聞に、兵庫県内で2007年度に100万円以上の

不払い残業代を支払った会社が、全部で47社あったとの記事が掲載

されていました。

記事によれば、不払い残業代の支払いを受けた労働者は7,468人

で、その一人当たりの残業代の受け取り額の平均は57万3千円と

なっていました。

つまり、兵庫県では、月に4社のペースで監督署の是正勧告などで

100万円以上の不払い残業代を支払っている会社が存在するという

計算になります。


経営者の皆様とお話をしていると、ときどき

「ウチは残業代は払ってない。でも、その分、賞与や基本給を他社に

比べてたくさん出している。」

「残業代込みで基本給を決めているから残業代は払っていない。」

という社長様がおられます。


よくよくお話を聴いてみると・・・

残業代の計算は面倒だ。

時間と能率は比例しない。時間ばかり掛かって仕事の能率の悪い奴に

残業代だといってお金を多く払うのはおかしい。

とおっしゃる。

私も、うんうん、そのとおり、わかるなぁと思う部分は確かにあります。

でも・・・でも、ダメなんです。


法律では、いくら賞与をたくさん払っていても、残業代は払わないと

ダメなんです。

基本給をいくら増やしても、残業代は別に払わなければいけません。

出るところに出られたら、イッパツでアウトです。

法律では、賞与より、給与より、残業代なのです。


私がよく社長様に申し上げるのは、給料は払える金額は決まっている

はず。

だから、決まった金額をどういう名目で、どのように払うか、要はその

払い方を研究しましょうということなんです。

法律上も問題なく、社員の定着、やる気の促進につながる給料の

払い方を一緒に考えましょうということです。


糟谷社会保険労務士事務所では、12月9日に神戸商工会議所様

主催で賃金管理のセミナーを行います。

残業代の支払いで困らない、中小企業としてのあるべき給料の姿を

ズバリ!ご提案するつもりでいます。

ご関心のある方は、ぜひ受講をご検討ください。

絶対にお役に立ちますよ。

お申し込みは こちらでお願いします

投稿者 糟谷 : 2008年10月27日トラックバック (0)

保険料が下がる!年間36万円のコストダウン効果
2008年10月20日 09:37

先日、雇用保険料の引き下げの方針が決まったとの

新聞報道がありました。

雇用保険の保険料は現在お給料の1.2%です。

これが来年4月からは、1.0%になり、0.2%下がるようです。


保険料は現在、会社と労働者の双方が半分ずつ負担

しています。

この引き下げが決まれば、会社も労働者も毎月の負担

が減ることになりますね。


では、具体的にどれくらい負担が減るのでしょうか?

お給料が月に30万円の人であれば、保険料は現在

月額3600円です。

これが引き下げで月額3000円に変わります。


月に600円保険料が減ることになりますね。

保険料の負担は、会社が半分、社員が半分ですので

会社には600円のうち、半分の300円のコストダウン

効果があるといえます。


お給料が30万円の社員が

 1人の会社であれば ・・・  3,600円 / 年

10人の会社であれば ・・・ 36,000円 / 年

100人の会社であれば ・・・ 360,000円 / 年

のコストダウンになりますね。


経営者にとっても社員にとっても朗報ではないかと

思います。

投稿者 糟谷 : 2008年10月20日トラックバック (0)

経営で勝つには、賃金で負けないこと
2008年10月15日 08:53

キリンにはアサヒ、トヨタには日産、ソニーには松下のように

どんな企業にも競争相手が必ずいます。

これは大手企業に限らず、私たち中小企業でも同じですよね。


経営者であれば、誰でも競争相手に勝つために、ライバルの

商品やサービスを研究していると思います。私の周りにも

競争相手の製品やサービスについて、とても詳しいという

社長さんはたくさんいます。


ところが、ライバルとの競争で忘れられているのが、社員に

支払う賃金のことです。

御社では、競争相手の会社が、自社の幹部社員にいくら給料を

払っているかを把握しておられますか?

同業他社の新卒の初任給はご存知ですか?


優れた人材を獲得し、幹部社員のヘッドハンティングや転職による

流出を防ぐには、給与でもライバルに負けないことが大切です。

あなたの会社は、製品やサービスだけでなく給料でも同業他社に

負けていないといえますか?


弊社では、12月9日(火)に、神戸商工会議所様主催で給与の

相場と賃金管理のポイントを解説するセミナーを開催させていた

だくことになりました。

このセミナーでは、私たちが独自に集計した、大阪、兵庫、京都

の中小企業(社員数30~300人の企業)で働く1万人分の給与

データをもとに関西の賃金相場について解説します。


これだけ給与を支払えば、同業他社に負けない、大丈夫という

金額をズバリ申し上げますので、ご関心をお持ちの経営者の

皆様はぜひセミナーにご参加ください。


お申込はこちらからお願いします。

ご参加いただいた皆様には、絶対に損をさせない自信はあります

ので、ぜひ期待していてください。


投稿者 糟谷 : 2008年10月15日トラックバック (0)

名古屋へ研修に行きます。
2008年10月08日 17:50

仕事がら、めったに遠方への出張はないのですが

明日から研修で名古屋に行くことになりました。

10月12日までの長期の研修です。


私は、私たちのような専門家の仕事は、常に勉強し、

学び続けることが絶対に必要だと考えています。

ですから、ここ一番の大事な研修であれば、私は

どこへでも直ぐに出かけるようにしています。


今回の研修も、またとても楽しみな研修です。

名古屋から戻ったときには、さらにパワーアップ

していると思います。


研修の成果に、ぜひ期待していてください。

では、行ってきます!

投稿者 糟谷 : 2008年10月08日トラックバック (0)