神戸の社会保険労務士 糟谷社会保険労務士事務所のブログ

事務所について  |  お問合わせ

最低賃金の力
2008年08月29日 19:07

先日ニュースで外国人研修生を時給350円で働かせていた

会社のことが報道されていました。


賃金については、最低賃金法という法律があります。

会社は、最低でもその法律に基づいて決められている以上の

賃金を支払わなければなりません。


最低賃金は各地域によって違いますが、現在のところ引き上げ

傾向にあって、兵庫県の地域別最低賃金は今は時給697円に

なっています。


でも、皆さんは不思議に思われませんか?

労働者が納得して働いているなら、時給は、別に600円でも

500円でもいいんじゃないの?

なんで国が法律でそこまで決めるの?

お互いが納得してたら、それでいいんじゃないのと。


実際、契約というのは、お互いが納得していれば、それでOK

のはずですよね。

それでも、あえて国が最低賃金を決めているのは、どういうこと

なんでしょうか?


それは、会社と労働者では、会社の方が立場が強く、労働者

は弱いという前提があるからなんです。

例えば、会社から時給500円で働いてくれと言われれば、弱い

立場の労働者の方では、断れないこともあるだろうということ

なんですね。


ですから、最低賃金を下回る賃金でお互いが納得して契約をした

としてもその契約は無効になります。

出るところに出れば会社は負けてしまいます。

これが最低賃金の力、威力なんですね。


投稿者 糟谷 : 2008年08月29日トラックバック (0)

神戸新聞に記事が載りました!
2008年08月26日 16:44

先日、地元の新聞社さんで私も購読している神戸新聞さんの

取材をうけました。


そのときは、まだ取材内容が記事として掲載されるかどうか、

全くわからなかったのですが、今日発行の神戸新聞の朝刊に

写真入りで掲載されていました。


毎日読んでいる新聞で自分の記事を見るというのは、なんだか

不思議な感じですね。


記事の内容は、私がお世話になっている北見先生の指導のもと

取り組んでいる「ズバリ!実在賃金」です。


ウェブ上でも記事はみられるようですので、よかったらまた覗いて

みてください。


記事はこちらです。


投稿者 糟谷 : 2008年08月26日トラックバック (0)

制服に着替えるのも仕事?
2008年08月25日 16:40

レストランやお医者さん、工場などでは制服や作業服に着替える会社さんも多いですよね。

少し前のことになりますが、そんな会社さんから「制服に着替える時間まで、残業だといって残業代を請求してくる社員がいる。けしからん。」

というお話がありました。

皆さんは、この話どう思われますか?


実は、過去の裁判例によれば、会社が制服に着替えるように決め、着替えないと仕事ができないような職場であれば、原則として着替えの時間は労働時間になるとされています。

つまり、着替えの時間も仕事の時間なので、その分も賃金を払わなければいけないということなんです。

なぜ、着替えの時間まで仕事なんだ、と思われるかもしれませんが、この際、経営者としては、着替えも仕事のうちと割り切るしかないのかもしれないですね。

投稿者 buzzcom : 2008年08月25日トラックバック (0)

社会保険事務所が・・・
2008年08月22日 16:39

「10月から社会保険事務所が変わります。」と言っても

「えっ、何が?」と思われるかもしれませんね。


現在、全国の社会保険事務所は社会保険庁(国)が運営しているのですが、今年10月からは、「全国健康保険協会」という協会が運営することになります。

運営が協会に変わることで、職員が全員、公務員から民間へ身分が変わるのです。


職員の皆さんの身分が変わって、運営が国から民間になったとしても、すぐに大きな変化があるとは、なかなか思えませんがそれでも、何かと批判されることが多かった社会保険事務所がこの協会の設立を機会に、本当に変わることができるのかはしばらくは注目かなと思います。


ちなみに、社会保険事務所発行の保険証を使われている皆さんは、10月から保険証が切り替わる予定なので、随時交換が必要になります。

交換までは、古い保険証がそのまま利用できるので、その点は安心してください。

投稿者 buzzcom : 2008年08月22日トラックバック (0)

儲かりまっか?
2008年08月20日 16:38

社会保険労務士という仕事柄、いろいろな業種の方とお付き合いをさせていただいています。

飲食業、建設業、情報システム開発、派遣業、訪問介護、リフォーム業、自動車販売業、釣具店、アパレル製品の販売、卸売業、チケットショップなどなど

数えきれないほどです。


そして、社長さまからよく聴かれるのが、
「最近景気はどう? いま何が(どの業界)が儲かってるの?」
「いい商売ない?」
というやつです。

この質問を受けると、またかぁと思うと同時に、いつも中小企業の社長の多くは、みんな良い商売を見つけようと思って考えているものなんだなぁと感じます。


確かに、時代のながれに合ったビジネスは大きく伸びるチャンスを普通以上に多く持っていると思います。

しかし、経営者であれば、今自分が手がけている事業は、時代に合わずにダメだというふうに、簡単には片付けないようにしなければいけないのではとも思います。


ですから、私のこの質問に対する答えはいつも決まっています。

それは、

「いい商売(業界)? どうなんでしょうか。

正直よくわからないですね。

でも、どの業界でも儲かっている会社は儲かっているし、儲かっていないところは儲かっていませんよ。

やはり社長、経営者しだいのように思います。」

ということです。

業界の良し悪しもさることながら、経営者の努力もやはり大切ですよね。

私もそのことを忘れないように、これからもこの道(社会保険労務士)で頑張っていきたいなぁと思います。

投稿者 buzzcom : 2008年08月20日トラックバック (0)

「名ばかり管理職」今すぐできる5つの対策
2008年08月18日 16:35

このたび、中小企業経営者向けに「名ばかり管理職」対策の小冊子を作成しました。

タイトルは、

名ばかり管理職 今すぐ実行すべき5つの対策

です。


ご存知の方も多いと思いますが、今年はじめ、大手ファーストフード店の裁判が世の中を賑わせました。

その会社では、店長は管理職であるとして残業手当の支払いを行っていませんでした。

しかし、裁判所は、店長は残業代を必要としない管理職ではないとして、会社に対し残業代を支払うように命じたのです。


この裁判をきっかけに、実際は十分な権限もないのに肩書きだけ管理職にされて、残業代が支払われていないと訴える、いわゆる「名ばかり管理職」が急増しました。

そして、今でもあちこちで裁判が行われており大きな社会問題になっています。


私は労務管理の専門家としての立場から、今年の6月4日にこの問題をテーマにした「名ばかり管理職」対策セミナーを実施しました。

中小企業においても、この問題は無視できないと考えたからです。

そのときのセミナーの様子は、NHKの神戸放送局で取り上げられ当日のNHKニュースで放送されました。


今回制作した小冊子は、そのときのセミナーの内容をもとに私が自ら作成したものです。

社員数20名〜300名規模の中小企業で無理なく実践できる

「名ばかり管理職」対策をコンパクトにまとめました。


ひとりでも多くの経営者の方にご参考にしていただければと思い当面は、無料で糟谷社会保険労務士事務所のホームページからこの小冊子をダウンロードできるようにしています。

「名ばかり管理職」問題でお困りの経営者の皆様はぜひ一度
覗いてみていただければと思います。

投稿者 buzzcom : 2008年08月18日トラックバック (0)

夏といえば社会保険労務士試験!
2008年08月13日 16:34

夏が来ると思い出すのは社会保険労務士試験です。

私が受験したのは、今から10年程前ですから、もう随分昔のことになります。


試験には、労働基準法をはじめ
労働安全衛生法
労働者災害補償保険法
雇用保険法
労働保険の保険料の徴収等に関する法律
健康保険法
国民年金法
厚生年金保険法
労働管理その他労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
などが出題されます。

わりと幅が広いですよね。


試験に関して、よく尋ねられるのは、

「どのくらい勉強されたんですか?」という質問です。


私の場合、1年間は一生懸命に勉強をしました。

仕事をしながらだったので、結構たいへんだったと記憶しています。


だだ、最近は私が受験した頃と比べても、試験内容も一段と難しくなっているので、もっともっと勉強が必要かもしれませんね。

今年も試験まであと少しです。

受験生の皆さん、ラストスパート頑張ってくださいね。

投稿者 buzzcom : 2008年08月13日トラックバック (0)

特別休暇は特別なんです。
2008年08月11日 19:13

社長からときどき、社員の家族に不幸があったんだけれど何日会社を休ませたらいいんだ?というようなことを聞かれることがあります。

その場合、質問をされる社長は、はじめからお休みを与えることを前提にお話をされることがほとんどです。


しかし、実は労基法には親族のご不幸に対してお休みは何日以上与えなさいとか、結婚したら新婚旅行のために何日は最低お休みを与えなさいといった決まりはありません。

労基法上は、そういった理由で会社を休ませる義務は別にないのです。

それでも、ウチの会社はみんな休みをとっているよ、給料もその分はマイナスしてないし…といわれる社長さま。

そんな社長さまの方が圧倒的に多いですよね。

そういう会社では、就業規則など社内の取り決めとして、特別休暇というかたちで、そういったお休みやお休みした場合の給料のことを規定しているのです。


労基法に決まりのないことですから、その日数や与えかたは自由に社内で決められます。

1日と決めても2日と決めても構いません。

与えないと決めても問題ありません。

また、有給でも無給でも、どちらでもオーケーです。

ただし、一度、就業規則で決めれば、それは社員と会社の約束ごとになりますので、必ず守る必要があります。

御社の約束はどうなっていますか?

気になる社長さまは、就業規則をしっかりと確認をしておいてくださいね。

投稿者 buzzcom : 2008年08月11日トラックバック (0)

笑顔で有給休暇
2008年08月06日 19:12

有給休暇のお話をすると、ときどき真顔で社長に、「当社には、有給休暇の制度はありません。」

といわれてビックリすることがあります。

有給休暇は法律で定められた制度なので、社員に有給休暇を与えないということはできません。


だた、実際には中小企業では、もともと人員が少ないところに有給をとられると厳しいですよね。

休まれると困るよなぁというのが本音だと思います。


そんな社長様には、私はほんの少しだけ視点をかえてみてくださいとお願いをしています。

確かに忙しい時期の有給休暇はダメージが大きいですが、有給休暇の持つ本来の意味は、お休みをすることで心と体をリフレッシュしてもらい、また新たな気持ちで仕事に取り組んでもらうということです。

適切なお休みは、良い仕事をするための活力になります。

良いお休みがあるから、良い仕事ができるのだと考えれば、少し気持ちが晴れませんか?

有給休暇をとりたいといわれたときに、笑顔で「よし、わかったゆっくり休んで、また頑張ってくれよ」といって送り出してあげられる会社になれればいいなぁと思います。

投稿者 buzzcom : 2008年08月06日トラックバック (0)

もらってください退職届
2008年08月04日 19:11

社員が退職するときには、退職届をきちんと受け取っていますか?

退職届は、退職理由や退職日を証明する大切な書類ですので、必ず提出をしてもらいましょう。

嘘のような話ですが、本人が自分で退職を言い出しておいて、後で退職するつもりはなかったといって退職を撤回したり、会社に辞めろといわれた、解雇されたなどと言って監督署に訴え出るといったようなことは、実は私の周りでも、かなりの確率で起こっています。

本人が書いた退職届があれば、後日、退職を撤回されたり、解雇で会社が訴えられ、解雇予告手当を請求されるなど、ありえないトラブルを防ぐことができます。


退職届をもらうときのコツは、必ず本人に自分で書かせるようにすることです。

そのとき、退職日、退職理由も忘れずに書いてもらうようにしましょう。

退職理由は、一身上の都合で構いません。


日ごろからちょっとしたことを面倒がらず行うことで、無用なトラブルに巻き込まれないようにすることができます。

退職届をもらうのは、労務管理上とても大切なことですので、ぜひ注意しておこなってください。

投稿者 buzzcom : 2008年08月04日トラックバック (0)